おでこニキビの症状と治療法

特に若い男女はニキビの悩みを抱えている方が多いでしょう。ニキビは原因をしっかり理解して、仮にできてしまったも対処を間違えなければ後も残らず綺麗に治療できます。こちらでは気になるニキビのあれこれを詳しく解説します。

おでこのニキビの治療法は?

ニキビとマスクの組み合わせはだめ?その理由とは

日本では外出時にマスクが欠かせないという人が増えていて、人によっては1日中着用していることがあります。アレルギーを発症する人が増えて、花粉症対策として利用する人もいれば、風邪やインフルエンザが流行りだしたときに予防したり、すでに感染して発症してしまった人が咳をしてほかの人に感染させないために使う場合もあります。
口元や鼻にコンプレックスがあったり、朝にお化粧ができなかった人が顔を隠すために使う、ファッションでかわいい柄やおしゃれなカラーの伊達マスクも使う人がいるなど日常的に身に着ける人が多いですが、ニキビが顔に出ているときにマスクで顔全体を覆ってしまうことはよくありません。

マスクで覆われている部分は、湿度が高まり蒸れやすい状態になります。口や鼻から呼吸をし息の中に含まれる水分や皮膚が汗をかくためです。人の体温もプラスして、アクネ菌が活動しやすい環境を作ってしまいます。
ニキビの数が増えてしまったり、ずっと顔に出たままになることがありますし、ニキビとマスクの布がこすれて炎症を悪化させてしまう可能性も高まります。
ニキビができているときは肌が過敏になっているので、痛みやかゆみがひどくなってしまうことも考えなければなりません。
湿度がもともと高い夏場や、暖房が効きすぎている冬場の室内などでは、できる限りマスクをつけたままにせず、外すようにすることが大切です。
アレルギーの症状がひどいときや風邪などが流行っている、自分が風邪を引いていて人に感染させたくない、といった時にはずっと同じマスクを使い続けるのではなく、蒸れてきたと感じたら新しく清潔なものと交換を行うようにすれば、不衛生さを解消して清潔さを保てます。
いろんな種類のマスクがあって、外からウイルスや菌、花粉などの侵入を防ぎながらも通気性が良いタイプもありますから、長時間着用する必要性がある人ほど、できるだけ湿気がこもらないタイプを購入して利用するとよいでしょう。

ニキビ隠しで絆創膏もいけない?

ニキビが大きくなったり膿をもったりしているとき、それに絆創膏を貼り付けてしまう人が割と多くいます。しかしマスクと同様で、貼り付けたままにしてしまうと状態を悪化させることがあります。
傷に貼り付けるものだから、ニキビに使ってもいいだろうと考えがちです。傷口は乾燥させたほうが良いとする考え方もある通り、絆創膏を付けたままにするとニキビを悪化させてしまう可能性があります。
マスクと同様に皮膚から出る汗や水分で湿度が高まったり、どんなにピッタリと貼り付けても隙間ができてしまうため、緩んでこすれてしまうことがあるほか、雑菌やほこりが侵入してそのまま絆創膏の内側にとどまってしまい、衛生環境が悪化してしまうことがあります。

炎症が悪化しているときに、圧迫したりこすれてしまうとニキビが破れることがあってよくありません。絆創膏が汚れてしまっているのにそのまま使い続けると、炎症を起こしている部分に雑菌が入って、腫れやかゆみを増してしまいます。
大きいニキビができて目立ってしまい化粧などでも隠せないとき、つい絆創膏を貼ってしまいがちですが、できれば何も貼り付けずに刺激を与えないようにするべきですし、もし使わなくてはならない時も、定期的に交換できるように新しい絆創膏を持ち歩くようにすべきです。
汗をかく季節の場合、絆創膏を交換するとき汗をきれいにふき取ってから貼り換えましょう。炎症部分がつぶれて膿が出ている時も、清潔なタオルやハンカチなどで優しくふき取ってから使います。場合によっては、消毒してから貼り付けたほうがより衛生的です。
もともと肌が弱く、かぶれやすい人は余計に付けたままにするのは肌の状態を悪化させますから、必要な時以外絆創膏でニキビを隠さないようにするべきです。