おでこニキビの症状と治療法

特に若い男女はニキビの悩みを抱えている方が多いでしょう。ニキビは原因をしっかり理解して、仮にできてしまったも対処を間違えなければ後も残らず綺麗に治療できます。こちらでは気になるニキビのあれこれを詳しく解説します。

おでこのニキビの治療法は?

ニキビに効果のある食べ物ってある?

ニキビができている間に食べておきたい食べ物は、ビタミンB群です。特に脂質代謝を促してくれるビタミンB2やビタミンB6を取り入れることで皮脂の分泌にも影響を与えることが可能です。
ビタミンB2が含まれている食べ物はたくさんあって、中でもチーズには豊富に含まれています。チーズの中でもパルメザンチーズが多く含まれていて、効率よく摂取が可能です。
パルメザンチーズをそのまま食べるのは大変で、何かにかけたり飲み物をつくると取り入れやすくなります。
チーズは豆乳と相性が良く、豆乳にはビタミンB群が豊富に含まれ、血行を促進してくれるビタミンEも入っているため、ニキビの肌を回復させるのに役立ちますから、飲み物を作るときに入れるとよいでしょう。
味に変化をつけたいときにはフルーツのベリー類を入れるとビタミンB群だけでなくビタミンCも取り入れることが可能です。ビタミンCは抗酸化作用があるため、ニキビで炎症を起こした肌には必要な成分です。
イチゴなど、好みなベリーをたっぷりと入れましょう。ビタミンB6が含まれる食べ物は、モロヘイヤです。サラダなどでは食べにくい場合、グリーンスムージーを作るとよいです。

腸内環境を整えることも、ニキビになっているときには欠かせません。腸内細菌の善玉菌を増やすのに役立つ乳酸菌や食物繊維の豊富な食べ物を食べておく必要があります。
食物繊維は、腸内にたまっている不要な物質を体外に排出させる役割も担ってくれます。不要な物質はガスを出し、肌に悪影響を与えかねませんからたっぷり取り入れて、すっきりと出しましょう。
食物繊維は根菜類に多く含まれていますが、不溶性食物繊維の割合が高く、これだけ食べていると便秘になることがあります。水溶性食物繊維が含まれている食べ物であるキウイフルーツやリンゴ、わかめなどの海藻類も食べるようにするべきです。
キウイフルーツやリンゴは飲み物に入れてもおいしくいただけるため、取り入れやすくなります。

飲み物にも気をつけたほうがいいの?

ニキビにとって効果が期待できる食べ物をそのままだと食べにくくて、飲み物にして取り入れる人が気を付けなければならないのは、熱を加えたり調理することで失われてしまう栄養があることです。
根菜類やモロヘイヤなど下茹でしてから飲み物に加工したいという人もいるでしょう。しかし、大切な栄養成分がお湯に溶け出して失われてしまうことがあります。生のままジューサーにかけるのが嫌な場合、電子レンジで温めると成分が溶け出さずに熱を通せます。
キウイフルーツやジャガイモなどは朝に取り入れてしまうと、太陽の光を浴びた時に肌に影響をもたらすことがあるため、朝の飲み物に入れるときにはリンゴやイチゴ、ダイコンやニンジン、キャベツなどのソラレンという光毒性成分が含まれていない野菜やフルーツを用いましょう。ソラレンが体内に入ると紫外線を吸収しやすくなり、肌にダメージを与えてしまいニキビにもよくありません。

夜に飲み物を作るとき、大人の人ならばアルコールをプラスしがちです。ニキビができているときは、アルコールの摂取を控えたほうが良いです。アルコール成分は皮脂腺を刺激してしまい、肌が脂っぽくなりがちで毛穴をふさぎやすくなってしまいます。
カフェインも同様に刺激を与えるため、飲み物を作るときにはコーヒーやお茶をプラスするのはやめましょう。麦茶はカフェインが含まれていないので、飲んでも安心です。
普段の食事で栄養のバランスが悪くなっていると、スムージーを作って補給を考える人もいるでしょう。
しかし、入れる食べ物をよく考えないとニキビに悪影響を及ぼすことがあるため、栄養成分やその役割について知識を深めて、効率よく効き目が期待できる飲み物を取り入れるようにするとニキビのでき方も違ってきます。