おでこニキビの症状と治療法

特に若い男女はニキビの悩みを抱えている方が多いでしょう。ニキビは原因をしっかり理解して、仮にできてしまったも対処を間違えなければ後も残らず綺麗に治療できます。こちらでは気になるニキビのあれこれを詳しく解説します。

おでこのニキビの治療法は?

ニキビを治すにはサプリメントを摂取しよう!

ニキビを治すには肌に直接つける化粧水など外側からのケアだけでなく、内側からのケアも必要だということを知っていますか。サプリメントの摂取はニキビを治すための対策の一つとして有効です。
ではどんな成分がニキビに効くのかというと、ビタミン、ミネラル、腸内環境を良くして便秘を解消するための成分などが主なものです。
肌のトラブルを解消するのに必要な成分はビタミンCが代表的です。食生活の偏りによって栄養のバランスが崩れると、ビタミンCが体内に不足し、ニキビができやすくなることがあります。
ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え、コラーゲンの生成を促進したり、過剰な皮脂分泌を抑えるなどの効果があります。

美肌効果があると言われるビタミンB2・B5・B6もまたニキビに効果的です。ビタミンB2やB5は脂質の代謝を正常にし、ビタミンB6は肌の再生機能であるターンオーバーを促進させる効果を発揮し、ニキビ改善をサポートします。
便秘になるなど腸内環境が悪化していると、ニキビや肌荒れを引き起こすということが知られています。ですから、便秘を解消して腸内環境を良くする成分を積極的に摂取することも効果的です。
腸内環境を改善する成分は具体的には乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維、生酵素などがあります。これらの成分が含まれているサプリメントを選ぶのも良いでしょう。

ミネラルも大切です。ミネラルの中で特にニキビに効くと言われている成分は亜鉛です。亜鉛は新陳代謝や免疫力を高める効果があるので、肌のターンオーバーを促進します。また、ビタミンCとともにコラーゲンの合成に関わります。
ビオチンという成分もまた、肌のターンオーバーを正常化し、皮膚を健康にする働きがあります。ハトムギの成分であるヨクイニンエキスも、肌を健康に美しくする効果があるとして昔から漢方で取り入れられています。
ハトムギにはビタミンB群が豊富に含まれていますので、ニキビ改善にも効果があると考えられます。体内の活性酸素を除去する効果のあるポリフェノールも美肌に導く働きがあります。
ビオチンやハトムギ(ヨクイニンエキス)、ポリフェノールなどの成分を含んだサプリメントを摂取するのもおすすめです。

サプリメントの良い所・悪い所

サプリメントは医薬品ではなく健康食品という扱いとなり、飲んだからと言ってすぐにその効果が出るというものではありません。
長く飲み続けることによって徐々に効果が出てくるものなので、少なくとも1か月は飲み続けることが必要とされています。そのため即効性を求める人には向きません。気長に、根本から体全体を健康にしていくという心構えが必要です。
医薬品ではなく健康食品であるということは、副作用がないということでもあります。サプリメントは体に不足しがちな栄養を補うことで、身体にもともと備わっている自然治癒力が上手く発揮されるよう促すものです。
ですから、飲み続けることで体全体の栄養バランスが取れ、健康に美しくなっていくことが期待できます。
サプリメントはカロリーがほとんどないので、カロリーの摂りすぎになるということがなく、ダイエットを意識している方にも安心です。手軽に持ち運びすることができ、いつでも気軽に摂取できるのもメリットです。

医薬品と違って、食後に飲むなどといった決まり事もないので、都合に合わせて好きな時に摂取できます。
注意したいのは栄養成分の過剰摂取についてです。水溶性ビタミンは過剰に摂取しても余分なものは尿として排出されます。ビタミンC、ビタミンB群、ビオチンなど、ニキビに特に効く成分は水溶性ビタミンなので過剰摂取の心配をせずに安心して摂取できます。
一方でビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKといった脂溶性ビタミンは、水に溶けずに体に蓄積するため、過剰に摂取すると副作用が起こる恐れがあります。
また、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、鉄、リン、銅、マンガンなどのミネラルも過剰に摂取しすぎると副作用があり、逆に健康を損なう結果となってしまう恐れがあります。
サプリメントには1種類の栄養成分だけが入っているということは少なく、いろいろな種類の成分が合わせて入っていることも多いので、知らないうちにこれらの成分を摂り過ぎていたということのないように、成分と含有量をしっかり確認して、適正な量を守って摂取することが大切です。