おでこニキビの症状と治療法

特に若い男女はニキビの悩みを抱えている方が多いでしょう。ニキビは原因をしっかり理解して、仮にできてしまったも対処を間違えなければ後も残らず綺麗に治療できます。こちらでは気になるニキビのあれこれを詳しく解説します。

おでこのニキビの治療法は?

ニキビを治すオススメの洗顔料と正しい洗顔方法

ニキビケアというと、専用の殺菌力のある化粧品や、医薬品を使うなど特別なケアが必要だと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、実はニキビケアで最も大切なことは、毎日の基本的なスキンケアで、とくに洗顔が最も重要なのです。
ニキビができるのは、毛穴に埃などの汚れやゴミ、そして古くなった角質などが詰まってしまうためです。
何らかの物質により毛穴が詰まることで、本来毛穴から外に排出すべき皮脂が皮下にたまってしまい、そこに皮脂を大好物とする肌の常在菌アクネ菌が繁殖することで炎症を起こし、赤く腫れてしまうのです。
洗顔が不十分で皮脂汚れが付着していたり、しっかりとクレンジングせずにメイク汚れが肌に残っていたりするとそれらが毛穴に詰まりニキビを起こしやすくなります。

また、ニキビと言うとオイリー肌の人がなりやすいものというイメージを抱く人が多いと思いますが、肌が乾燥することで起こりやすくなる側面もあります。
私たち人間は肌が乾燥すると潤わせようと積極的に皮脂を分泌するように脳から指令が起こるため、乾燥状態が続くと皮脂分泌の多い体質になってしまいます。
肌は乾燥するのに、おでこや顎は脂っぽい混合肌の人が多いのはそのためです。そしてまた、乾燥している肌は角質が固くなるため、毛穴に汚れが詰まりやすい状態となり、その点でもニキビができやすい環境を引き起こしてしまいます。
つまり、ニキビケアとして気をつけなければいけないのは、毎日しっかりと洗顔を行い、汚れが毛穴に詰まらない清潔な肌状態を保つこと、そしてもう一つ、肌を過渡な乾燥状態にせずにしっかりと保湿すること、このシンプルなケアを遵守することが最も重要なのです。
では、具体的にどのようなケアをすれば良いのでしょうか。ただ単に顔をごしごしと洗顔すれば良いというものではなく、「毎日の洗顔」というシンプルで当たり前のケアでありながら、そこには守らなければいけないルールが存在します。

ニキビを治す洗顔方法

では、具体的なニキビケアのための洗顔方法ですが、まず守らなければいけないのは「洗いすぎない」ということです。
清潔に保つために一日に何度も洗顔する人がいますが、洗いすぎると肌に必要な油分まで落としてしまうため、回数としては朝晩の一日2回で十分です。
ただし、この2回はしっかりと汚れを落とすことが大事で、また洗浄力が強すぎると肌の潤いまで奪い、ニキビのできやすい乾燥状態を招いてしまうため洗顔石鹸の選び方は重要となります。
そこで、市販の石鹸でおすすめなのが「どろあわわ」です。どろあわわは沖縄産マリンシルトと国産ベントナイトという限られた海底でのみ採れるミネラル豊富な泥を配合し、普通の市販の石鹸ではなかなか取ることができない毛穴の汚れも泥が吸着してしっかりと落としてくれます。

また、イソフラボンなどの美容に嬉しい成分が豊富な豆乳発酵液やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分配合で洗い上がりはしっとり潤います。
もう一つの市販のおすすめ石鹸は「VCOマイルドソープ」です。VCOマイルドソープはその名の通り、ヴァージン(V)・ココナッツ(C)・オイル(O)を配合した肌にとても優しい石鹸です。
ヴァージンココナッツオイルは母乳と同じ成分のラウリン酸が50%も含有されていて、キメの細かいへたれない泡が肌を守りながらもしっかり汚れを吸着してくれます。
そしてもう一つおすすめの市販石鹸は「牛乳石鹸青箱」です。これは誰もが見たことがある市販商品だと思いますが、ミルクバターから作られているため、角質や毛穴汚れを除去する力が高いのです。
保水性も高く、一箱50円程度と大変リーズナブルながらもニキビケア商品として根強い人気を誇ります。
このように、一日2回の洗顔とシンプルな方法ながらも、しっかりと汚れを除去しつつ肌を優しく守ってくれる洗顔石鹸選びがニキビケアには重要なのです。