おでこニキビの症状と治療法

特に若い男女はニキビの悩みを抱えている方が多いでしょう。ニキビは原因をしっかり理解して、仮にできてしまったも対処を間違えなければ後も残らず綺麗に治療できます。こちらでは気になるニキビのあれこれを詳しく解説します。

おでこのニキビの治療法は?

鼻にできるニキビの原因

鼻のニキビは大きいものができることが多く、痛みを伴うなど目立つだけでなくストレスになりうるニキビです。鼻は皮脂量が多く、毛穴の奥も深くて詰まりやすいのでニキビができやすく、毛穴が広がりやすい部位です。
皮脂がつまり、角質が残り、紫外線の刺激を受け、汚れた手で触ったり、油分の多いファンデーションが残ったりなど数々の原因が考えられます。
皮脂が豊富でアクネ菌がたまりやすいので、状態もすぐに変わり、初期の黒や黄色から赤みを持つニキビに、膿を持った黄色ニキビに変化します。

新陳代謝が活発で脂質が多いほうが鼻ニキビができやすくなりますから、思春期の世代に多く症状がみられます。大人の場合には鼻にできることは珍しいですが、ホルモンバランスの乱れが原因といわれています。
肌の汚れ、疲れ、ストレス、暴飲暴食なども原因になります。鼻は皮膚が薄いので手で触ったり、髪の毛がついたりするだけでも刺激となり、雑菌がつきやすくなります。

ファンデーションは特に皮脂を増やす上に、毛穴をふさいでしまうのでニキビを治りにくくさせます。
ミネラルファンデに切り替えるか、ベビーパウダーを使うなどメイクを軽くしておくことも重症化させないために必要です。
ついつぶしたくなってしまいますが、芯を出してしまってもまたできてしまいますし、きちんと治れば芯から小さくなっていきますのでできにくくなります。
手で顔を触らないことや顔を洗う時に鼻もしっかりと洗うことを心がけるようにして衛生的に保ちます。甘いものや炭水化物をたくさん食べると鼻ニキビができてしまうことがあります。

大人ニキビの場合には生活習慣が原因であることも多いため、乱れた生活の中に糖質のとりすぎも含まれます。
糖質を大量に摂取することは皮脂の主成分トリグリセリドが増える、皮脂の分泌を抑制するビタミンB1とB2を糖質の分解に大量に使われてしまうため皮脂が増える、血糖値を下げるためにインシュリンが分泌され、皮脂の分泌を促進するという悪循環となるのです。

対処法は毛穴詰まりの解消

ニキビを減らすための糖質制限は食べ過ぎないこと、野菜やフルーツを増やすことといった緩やかな方法で対処できます。ニキビに効く食物もあります。
レバー、まぐろ、納豆、いくら、すじこ、レバーといったビタミンを多く摂るようにすれば予防になります。
発酵食品やヨーグルトなどで乳酸菌を取り、腸内環境を整えることも大切です。悪化や再発を防ぐためには清潔にすることが最優先です。
油分の少ない紫外線カット日焼け止めを使い、シアーカバーファンデーションで毛穴のおうとつを隠すのもおすすめです。
鼻をかむときのテイッシュは柔らかいものを使い、鼻にできるだけ触らないようにすることも大切です。鼻の毛穴の皮脂が詰まりやすいので定期的にパックをすると予防になります。
頻繁に使うと毛穴が開いてしまい、皮脂がたまりやすくなるので注意が必要です。クレイの泥パックを使えば肌に負担をかけることなく毛穴をきれいにすることができます。

赤ニキビができやすい場合には抗炎症作用の成分が配合されているものを使うのもおすすめです。
痛みや腫れがある場合には毛穴が炎症を起こしているので、応急処置としては冷やすことが優先されます。消毒液を綿棒につけて、優しく炎症を起こしている部分に塗るのも効果的です。鼻は皮脂成分が多いので、脂が固まり酸化することで黒くなります。
これが黒ニキビです。酸化した皮脂の黒ニキビ状態でケアをすれば赤ニキビにならずに済みます。ストレスが原因の場合も考えられます。ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が促進され、肌の角質層を固くしてしまうといわれています。
睡眠不足を引き起こす原因にもなり、悪循環となります。偏食や過食、暴飲暴食を避け、肌細胞の入れ替え促進に適切な栄養、睡眠を与えることを意識して生活することが大切です。