iFOREXの入金125%ボーナス限定タイアップはこちら→

【海外FX】iFOREXとXMを億トレーダーが徹底比較(どっちがおすすめ?)

当ページのリンクには広告が含まれています。

海外FXに興味を持ってるけど、どの業者を選べばよいの?と悩んでいる人も多いことでしょう。

こんな悩みを解決します
  • iFOREXとXMどっちがおすすめですか?
  • スプレッドやボーナスの違いは?
  • 出金のしやすさなど安全面では?
カウぼ~い

はじめまして。億トレーダーの「カウぼ~い」です。主にiFOREXでトレードをしていますが、XMも口座開設して動かしてたりします。この記事では、実際に海外FXのプロの目線で徹底解説します。

実際に両方の海外FX業者を利用しており、徹底的に細部まで書いているので、本記事を最後まで読むことで、どっちが自分に向いているのかわかるようになりますよ。

この記事を書いた人
  • 5か月で10万円から1.2億円達成
  • ダウ理論でのスイングトレードが得意
  • 海外FXの他にもいろいろな投資で分散中
  • 米国株、日本株は高配当が中心
  • Xアカウントはこちら→カウぼ〜い
目次

iFOREXとXMのスペック比較表

まずは手っ取り早く知りたい人向けに一覧比較表をお見せします。

スクロールできます

iFOREX

XM
口座タイプエリート口座のみStandard口座
micro口座
KIWAMI口座
ゼロ口座
取引銘柄数(CFD)730種類1410種類
スプレッド(ドル円)0.9pips1.6pips
最大レバレッジ400倍1,000倍
ロスカット水準0%20%
ボーナス新規入金ボーナス
入金ボーナス
取引ボーナス
友人紹介ボーナス
口座開設ボーナス
入金ボーナス
取引ボーナス
友人紹介ボーナス
取引方式DDNDD
取引ツールFXnetView
(独自ツール)
MetaTrader 4
MetaTrader 5
ゼロカットありあり
自動売買(EA)非対応対応
スキャルピング禁止OK
スワップフリー非対応KIWAMI口座のみ対応
法人口座対応非対応
入出金方法銀行送金
クレジット/デビット
bitwallet
銀行送金
クレジット/デビット
bitwallet
STICPAY
BXONE
信託保全なし
(分別管理式)
なし
(分別管理式)
日本語サポートありあり
キャンペーン中→iFOREXをはじめるXMをはじめる
iFOREXとXMの違い

いかがだったでしょうか。

ある程度知識のある人は上記の情報だけでもわかりますが、初めて海外FXを始めたいという人には、本記事でしっかり解説していくので安心してください。

結論:初心者はiFOREX

どっちの海外FX業者を解説すれば良いかわからないという方も、本記事でおすすめの使い分けを紹介しています。

カウぼ~い

ただ、初心者の人はiFOREXをおすすめします。最大レバレッジ1,000倍は非常に魅力的ですが、ほとんどの人がポジションを狩られます。またスプレッド(手数料)もXMより高いので、まずはiFOREXから始めると良いでしょう。

\ 初回入金ボーナス最大2,000ドル! /

iFOREXとXMの8項目別比較

ここからは、各項目について個別に解説していきます。

カウぼ~い

クリックをすると該当箇所まで飛べるよ!

国内FXとの違いについて知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

①運営会社と安全面の違い

スクロールできます
iFOREXXM
運営会社Formula Investment House Ltd.Tradexfin Limited
設立日1996年10月2009年6月
資本金1,492万ドル3億6000万ドル
金融ライセンスキプロス証券取引委員会(CySEC)
英国金融行為規制機構(FCA)
英領バージン諸島金融サービス委員会(BVI FSC)
キプロス証券取引委員会(CySEC)
英国金融行為規制機構(FCA)
セーシェル金融庁(FSA)
モーリシャス金融庁(FSC)
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
分別管理先Mizrahi Tefahot Bank
(イスラエル)
非公開
(欧州優良銀行の信託口座)
信託保全なしなし
どちらも事故歴がなく優秀な海外FX業者

海外FX業者を選ぶ場合、もっとも重要視すべき点は安全面です。

新興ブローカーの場合、出金拒否や口座凍結などのリスクもあり実際に詐欺にあっている人もいるので気を付けるポイントになります。

日本ではXMの方が圧倒的に知名度も高く人気ですが、iFOREXは最も早く日本にFXを持ち込んだ業者であり、その歴史も29年あることから安全面では最も安全と言えます。

カウぼ~い

XMもiFOREXもグループ全体で同じ金融ライセンスを2つ所有しており、安全面ではどちらも問題ない海外FX業者でしょう。

国内FXとは異なり、信託保全制度は導入していないため、万が一倒産した場合は分別管理会社より返金を受けることになります。ただし全額返金されるかどうかは不透明なので、利益が出た時点で国内送金することをおすすめします。

②ボーナスキャンペーンの違い

スクロールできます
iFOREXXM
新規口座ボーナスなし最大15,000円
(通常は3,000円)
新規入金ボーナス最大2,000ドルなし
入金ボーナス50%
(不定期無制限)
100%+20%
(500ドルまで)
取引ボーナス現金で還元XMポイントで還元
お友達紹介ボーナスありあり
ボーナスでは若干XMが有利

国内FX業者よりも豪華なボーナスキャンペーンが売りの海外FXですが、iFOREX・XMともに高水準でボーナスを貰うことができます。

iFOREX・XMどちらもお友達紹介ボーナス以外は証拠金として使えるトレーディングチケットとなり出金はできません。

iFOREXのボーナス詳細は以下の記事を参照ください。

XMのボーナス詳細は以下の記事を参照ください。

③開設する口座の特徴

スクロールできます
iFOREXXM
口座の種類エリート口座のみStandard口座
micro口座
KIWAMI口座
ゼロ口座
XMは他にはない特徴のある口座がある

iFOREXの場合は1種類の口座のみで、複数口座を持つことはできません。

一方で、XMの場合は4種類の口座があり、一人8個まで複数口座を持つことができます。

XMのそれぞれの口座の違いは以下となります。

口座タイプスタンダード
1ロットの単位100,000通貨
レバレッジ1,000倍(5~20,000ドル)
200倍(20,001~100,000ドル)
100倍(100,001ドル~)
スプレッド1.0pips~
取引手数料なし
スワップポイントあり
そのほかの基本項目はどの口座も同じ

\ いまだけ期間限定15,000円貰える! /

カウぼ~い

タブをクリックすると、画面が切り替わるよ!

カウぼ~いは、マイナススワップ通貨ペアをトレードしたいため「KIWAMI口座」を開設しています。

複数口座を持つことができるので、目的に応じて口座を切り替えて利用することも可能です。

口座開設の登録をする際、取引口座詳細の欄で「Tradexfin Limited – FSA」か「Fintrade Limited – FSC」を選べますが、どちらを選んでもサービスに一切違いはありません。

④取り扱い銘柄数の違い

スクロールできます
iFOREXXM
通貨ペア84種類55種類
株式投資657種類1,300種類
株式指数35種類29種類
仮想通貨18種類60種類
貴金属7種類5種類
エネルギー6種類8種類
コモディティ7種類8種類
取引したい商品で使い分けができる

国内FXは通貨ペアしか取引できないですが、海外FXは数多くの商品を取引できる点がメリットです。

しかしながら海外FX業者によって、取引可能な銘柄が異なるので自分がトレードしたい銘柄がある口座を選ぶこともポイントです。

通貨ペアであればiFOREXの方が多く、仮想通貨であればXMの方が多いので、どちらを主戦場にするかでメイン口座は変わります。

⑤レバレッジの違い

スクロールできます
iFOREXXM
通貨ペア400倍~1,000倍*
CFD銘柄20~200倍~1,000倍*
仮想通貨10倍~1,000倍*
土日祝の扱い全ての商品で倍率半分~1,000倍*
XMの場合は口座残高によって変わる

レバレッジは業者や口座の種類によって異なりますが、国内FXの25倍に比べると圧倒的に高いのがポイントです。

XMの場合は口座の種類や有効残高金額によってレバレッジは変わるため注意が必要です。

詳しくは本記事中「③開設する口座の特徴」を参照ください。

カウぼ~い

高いレバレッジは魅力的ですが、ロスカットされる可能性が高くなるので、初心者はレバレッジが低いiFOREXからスタートすることをおすすめします。

10万円を原資とした場合、XMレバレッジ1,000倍ではドル円(レート:150円)で約67万lot保有することができます。10銭動けば7万円ほど証拠金が動くので、あっという間にゼロカットされます。

プラスに動けば爆益になりますが高レバレッジの場合、すぐに証拠金を失うことになるのでレバレッジのかけすぎには注意が必要です。

億トレーダーの手法をヒントにトレードしてみよう!

⑥スプレッド、スワップポイントの違い

スクロールできます
平均スプレッドiFOREX
エリート口座
XM
スタンダード口座
USDJPY0.90pips1.60pips
EURJPY2.01pips2.35pips
GBPJPY3.07pips3.73pips
AUDJPY3.01pips3.52pips
EURUSD0.95pips1.66pips
GBPUSD1.93pips2.43pips
AUDUSD1.54pips1.71pips
iFOREXとXMの基本スプレッドの違い

iFOREXのエリート口座とXMのスタンダード口座を比較した場合、平均スプレッドはiForexの方が全体的に低くなっています。

平均スプレッドの観点からも初心者にはiFOREXをおすすめしています。

また、スワップポイントの違いは以下の通りです。

スクロールできます
スワップポイント
(ドル円)
iFOREX
エリート口座
XM
スタンダード口座
USDJPY買い+12.52円+10.20円
USDJPY売り-30.90円-35.90円
EURJPY買い+10.04円+6.81円
EURJPY売り-20.48円-30.49円
EURUSD買い-16,88円-7.27円
EURUSD売り-9.99円+1.13円
iFOREXとXMの1万通貨あたりのスワップポイント
カウぼ~い

XMのKIWAMI口座の場合はマイナススワップポイントは0です。円高時などのショート専用口座としてもXMは使えますよ!

総じて海外FX業者のスワップポイントは国内FX業者より条件が悪いので、スワップ目的であれば国内FX業者をおすすめします。

スワップ運用を始めるのであればこの記事がおすすめ!

⑦入出金の違い

スクロールできます
入出金の方法iFOREXXM
銀行送金指定銀行へ振込み
30分~1時間で着金
手数料無料
指定銀行へ振込み
30分~1時間で着金
1万円未満の入金は手数料980円
クレジット・デビットカードVISA
MasterCard
Diners
(即時反映)
VISA
JCB
(即時反映)
オンラインウォレットbitwallet
(即時反映)
bitwallet
STICPAY
BXONE
(即時反映)
オンラインウォレットかクレジットカードがおすすめ

基本的には手数料も掛からず、即時反映のクレジットカードもしくはオンラインウォレットをおすすめします。

特にbitwalletを開設しておくと、異なる海外FX業者間の資金移動に便利です。

また出金については、どちらのFX業者も申請から営業日ベースで1-2日程度で着金するため、海外FX業者の中も非常に速いのもおすすめポイントとなります。

クレジットカード入金をした後に出金する場合は、入金額を限度にクレジットカードに返金されます。クレカ入金の仕組みはショッピング枠を利用して入金するため、出金時はショッピングのキャンセルで対応するためです。

カウぼ~い

クレジットカード入金から数か月経ってからの出金の場合は、クレジットカードの支払いが終わっているため、指定口座への出金となるよ!

⑧サポート体制の違い

スクロールできます
iFOREXXM
メールサポートcs-jp@iforex.comsupport@xmtrading.com
LINEサポートなし
電話サポート+30-210-374-2583
+34-932710699
なし
チャットサポート公式サイト公式サイト
日本人スタッフ非公開17名
優秀なのはiFOREX

どちらかと言えば、電話やLINEなど気軽に問い合わせが可能なiFOREXの方が優秀です。

とはいえ、どちらも返答までの時間も約1日以内と早く、日本語で完璧にサポートしているので優劣はつけがたいです。

カウぼ~い

サポート体制でいえば、XMやiFOREX以上の海外FX業者を見つける方が難しいくらい優秀ですよ!

iFOREXとXMどっちがおすすめ?

10年以上海外FXを使い倒してきた億トレーダーが独自の目線で、「iFOREX」「XM」どちらがおすすめかを紹介します。

カウぼ~い

2つとも開設することもおすすめだヨ!

海外FX初心者にはiFOREXがおすすめ

海外FX業者を初めて開設する人にはiFOREXをおすすめします。

iFOREXが初心者におすすめな理由
  • スプレッドが狭く、ポジションを立てた後に精神的に焦らずに済む
  • レバレッジ最大400倍なので、無理をしすぎない
  • キャンペーンが豊富で初回入金に対しての125%ボーナスが魅力的
  • 29年の最古参業者なので安心

\ 初回入金ボーナス最大2,000ドル! /

中級者以上にはXMがおすすめ

ある程度、海外FXの経験があり、ハイレバでも問題の無い中級者以上の人はXMがおすすめです。

XMが中級者以上におすすめな理由
  • レバレッジ1,000倍で資金効率が良い
  • KIWAMI口座でスワップフリーなので、ポジションを保持し続けやすい
  • 複数口座の開設が可能なので、資金を分散できる
  • ボーナスキャンペーンがステージ制なので、長く続けるとメリットが大きい

\ 条件なしで13,000円ボーナスGET /

結論:どっちも口座開設すべき

初心者にはiFOREX、中級者以上にはXMをおすすめしますと解説しましたが、両方の口座を開設することもおすすめです。

その理由はボーナスキャンペーンを貰えるチャンスが多い点とスワップフリー口座を使うなど目的別に切り替えることが可能になるためです。

カウぼ~い

カウぼ~いはメインがiFOREXでサブがXMといった使い方をしていますよ!

iFOREXとXMで迷ったときのよくある質問

ここでは、iFOREXとXMで迷ったときの質問に関して回答します。

初心者におすすめの海外FX業者はどちらですか?

初心者におすすめのiFOREXです。詳しくは本記事中「iFOREXとXMどっちがおすすめ?」を参照ください。

本当に安全ですか?詐欺じゃないか心配です。

海外FX業者の中には悪徳業者がいるのも事実です。ですが、iFOREX・XMともに歴史が長く口コミでも悪い噂が無い優良業者です。リスクがあるとすれば倒産リスクですが、分別管理をしているため、1円も返ってこないリスクも少ないでしょう。

2つとも口座開設をした場合、使い分けをどうしていますか?

口座を分けることで、全額ロスカットをするリスクを抑えることができます。また、iFOREXの場合最大保持ポジションが1,000万通貨までの制限があるなど、一つの口座だけでは足りないこともあります。

カウぼ~いの場合はメイン(iFOREX)で大きく金額を動かしつつ、少額でXMで遊んでいる状況です。

また円高局面などスワップポイントが痛い相場において、XMを主にしてトレードするなど、使い分けるようにしています。

どちらもゼロカット(追証なし)でしょうか?

どちらもゼロカットシステムありです。XMの場合は証拠金維持率20%を切るとロスカットとなる点は注意が必要です。

口座開設をするのに必要な書類は何ですか?

口座開設に必要な書類は「免許証」や「マイナンバーカード」などの証明書類と、水道代請求書などの「住所が証明できるモノ」が必要となります。

はじめてトレードをする際に気を付けた方がよい点はありますか?

海外FXでトレードする場合、常に意識してほしい点は「〇pips」下がった場合、ゼロカットされてしまうかという点です。

仮にドル円150円でロングした場合、海外FXフルレバでエントリーすると、40-70銭くらい動けばゼロカットされます。(レバレッジによる)

そのため、どこまで下がると危険かを常にチャート上で意識して裁量トレードすることが重要です。

まとめ:iFOREXもXMも安心して取引できる優良海外FX業者です

XM(XMTrading)は、日本人トレーダー人気No.1の海外FX業者で、FX初心者から中上級者の方におすすめです。一方、iForexは、運用歴が25年以上の老舗的なFX業者で、法人口座も開設できるので万人受けする業者です。

海外FXデビューの方には、iFOREXをおすすめしていますが、海外FXに慣れてきたら両方口座開設することで様々なシーンにも対応できるようになります。

カウぼ~い

当サイトで紹介している海外FX業者は、詐欺紛いな業者を排除しているので安心ですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次